>

種類と得意分野

四柱推命(しちゅうすいめい)

中国で命学や命理と呼ばれる占い方法ですが、日本で発展、進化して出来たのが四柱推命。海外でも人気が有るようです。
生まれた年・月・日・時間の4柱から、干と支にはめこんで占って行きます。干は空間を、支は時間をあらわしています。
どんなタイプの人なのか。どんな職業が合うのか。どんな所に住むのが良いのか。人生での最良、最悪は何時か。長く生きられるのか。
など大きな事はもちろんの事、深く、深く追求して占う事も。
日本での四柱推命は、占術の王道と言っても過言ではありません。
占いと受止めるのか、開運法と受止めるのか。それは、あなた自身に委ねられます。
四柱推命での結果を武器に、これからの生活を楽しく健やかに生きて行きたいものですね。

おみくじ

日本では馴染みの深いおみくじ。御神籤、御神鬮と書いたりします。
くじの方法は様々ありますが、一般的には生年月日や名前など自分の情報を一つも出す事なく、神様に全てを委ねます。
無作為に一枚を取り、”神様がその一枚を与えて下さった”と考えるのがおみくじです。
戦国時代の薩摩の名将島津義久は、決定事項に幾つかの案が出て決まらない時、おみくじで決めたとの逸話。
”おみくじと言う神聖な行為での決定(神様の決定)”であるため、家臣団もまとまったとか。
引き方は、神様に参拝して、伺いたい事をお伝えしたあと。決まった作法は無い様です。各神社のしきたりに合わせましょう。
吉凶は余り気にしなくて大丈夫。大吉でも厳しい事が書いてあったり、凶でも自分には暖かい内容だったり。
明治神宮など、吉凶の記載が無い所も。
吉凶判断よりも中身を良く読んで理解し、これからの生活の戒めや目標として受止めましょう。


この記事をシェアする