占いを選ぶ前に知っておきたい基礎知識

あなたの知りたい事を占う為の占術基礎知識

占い方は沢山

聞いた事のあるものから、「これ何て読むの?」ってものまで
占いには本当に沢山の種類が在ります。しかも、その中には占い自体に得意分野があるんです。
まず種類。
日本では西洋占術と東洋占術の2つが有名です。
西洋占術ではカードや水晶を使う占いや、星で占うもの。よく聞く手相占い。「手相は東洋占術でしょ」って思いますが、西洋占術でも
古くから研究されているんです。
次に東洋占術。
子供から大人までお馴染みの、血液型占い。風水、姓名判断、手相に人相、奇門遁甲(きもんとんこう)、四柱推命(しちゅうすいめい)、易、数秘術(すうひじゅつ)、霊術(霊占)、知る人ぞ知る 安倍晴明 が駆使したと言われる十二天祥星占術。
そして、西洋・東洋問わず「命」「卜」「相」の3つから分けて考える占いまで在るのです。
他にも沢山の占いが古来より今なお研究され続け、発展を続けています。
占い自体は”占術を勉強した人”によって施される事なので、占う人の勉強した占術や研究による組合せなどが絡み合い、占いの結果として出てきます。
 「昔から研究されてて、今も発展し続ける占いなら、何でも同じでしょ」
ちょっと待って!
占いにも「これは任せて!!」って得意分野が在るんです。だから、占いの種類を知るのはもちろんの事、その占いの得意分野も
知っておかなければいけないのです。
例えば十二天祥星占術は、占術を施す対象者の性格、宿命や人生の大きな変動を占う、言わば”大きな流れ”が得意です。
あなたならそんな占術だと知って、十二天祥星占術で明日のラッキーカラーを占おうと思いますか?
もちろんラッキーカラーも占えますが、それだけならもっとお手軽な占いで良いですよね。
得意分野についても知っておきましょう。